当科では、主に外来で行う糖尿病性網膜症・緑内障・ぶどう膜疾患・角膜疾患などの内科的治療と、白内障、緑内障、網膜硝子体疾患の外科的治療の両面を行っています。
外科的治療の白内障手術は超音波手術が主体であり、適応症例は術後の感染防止の為、基本的に入院にて白内障手術を実施しています。
またOCT(光干渉断層計)を導入しており、加齢黄斑変性症、緑内障等の診断治療に役立てています。
当科の最も大きな特徴は、スタッフ全員が、最終治療を担当しているという自覚を持って診療に当たっています。

 
清川 達矢
(きよかわ たつや)
眼科
 谷口 朋子
(たにぐち ともこ)
眼科