薬剤部門は総勢4名の薬剤師で業務にあたっています。
薬剤師は医師の処方箋に基づいて特定の患者様に指示された使用法にあうように、おくすりを調剤しています。また、おくすりを作る際には処方箋の内容をしっかりチェックし、患者様が有効で安全な治療を受けられるように配慮しています。
当院では入院されたすべての患者様に対して、薬剤管理指導業務(くすりの説明と管理)を行っています。薬剤師が飲み薬や点滴などのおくすりの説明を行うことで、患者様がご自分の健康やご病気、そして今使われているおくすりについての知識を得ることができます。また、間違ったおくすりの飲み方、使い方を防ぐこともできます。さらに、他の医療機関でもらっているおくすりや、町の薬局で買ったおくすりとの飲み合わせを調べて安全な薬物治療を受けられるように努めます。
当院1Fには「おくすり相談コーナー」を設けてあります。
こちらへは外来、入院患者様にかかわらず、どなたでもお気軽にお立ち寄り下さい。
吸入薬、インスリン自己注射薬、自己血糖測定器などの使用方法に不明な点がある方、またおくすりのことでどんな些細な点でも疑問を感じた方など、いつでも薬剤師が対応させていただきます。
われわれ薬剤師は、おくすりと患者様とを繋ぐ「懸け橋」となるべく、日々精進し取り組んでまいります。

寺脇 勝也
(てらわき かつや)
竹下 幸志
(たけした こうじ)

他、薬剤師3名