当院は理学療法士8人、作業療法士2名で業務しています。
患者様の身体機能の回復、歩行能力の向上、痛みの軽減などの目的で運動療法・物理療法を行っています。
患者様はご高齢の方が多く、訓練効果を上げるには早期より始めることが大切です。
リハビリテーション担当医の整形外科医や、担当の看護師と連絡を密にとり、その時々に最高のリハビリテーションサービスが提供できるようにしています。
退院時には、ご本人・ご家族とともに自宅を訪問させていただき、手すりの設置、段差の解消など、家庭環境整備の助言および介護指導などを行います。
また介護保険適用の方には、介護支援専門員(ケアマネージャー)と連携をとり、退院後の快適な家庭生活を送れるようすすめていきます。
■当院の物理療法機器の紹介
極超短波治療器・低周波治療器・低出力レーザー治療器・超音波治療器
介達牽引・スーパーライザー・ホットパック

樽本 直樹
(たるもと なおき)
リハビリテーション科
他、理学療法士7名、作業療法士2名