5階フロアーのすべてと4階フロアーの半分が回復期リハビリテーション病棟となっています。回復期病棟とは、急性期治療を終えた患者様に対して、日常生活能力の向上及び在宅復帰を目的としてリハビリテーションを集中的に行う病棟です。医師をはじめ、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・社会福祉士など専門職がチームを作り、共同でそれぞれの患者様にあったプログラムを作成して実践しています。

患者様・ご家族・スタッフが目標を統一させた上で、リハビリテーションを実施し、早期の社会復帰を目指していきます。
清水 日登美
(しみず ひとみ)